北青鵬ってどんな力士?出身中学、高校や白鵬との関係は?

幕内最高優勝の記録を更新し続ける横綱・白鵬ですが、「内弟子」という形で、石浦や炎鵬を鍛え上げている実績もあるのですから凄いの一言です。

そんな白鵬の内弟子に、関取昇進を間近に控えた北青鵬(ほくせいほう)という力士がいます。

この記事では、そんな北青鵬がどんな力士なのかを、出身中学や高校、白鵬との関係も踏まえて解説してみました。

スポンサードリンク

北青鵬ってどんな力士?モンゴル国籍だけど出身は北海道?!


北青鵬(本名:アリューナー・ダワーニンジ)は北海道札幌市東区出身ですが、出生地はモンゴルのウランバートルです。なぜ北海道出身なのか?ですが、これは母親の語学留学によって5歳で北海道に移住したからなのだとか。入門時には日本への在留期間が10年を超えているため、外国出身力士枠の対象にはならなかった経緯もあります。

生年月日は2001年11月12日。所属部屋は横綱・白鵬らが在籍している宮城野部屋です。決まり手は寄り切り、寄り倒し、押し出しを得意としており、三段目、序二段、序ノ口での優勝経験があります。いずれの優勝も7戦全て勝っており、デビューからの連勝記録が21という状態が続いていました。

※追記:2021年7月17日
21年の7月場所で、北青鵬は西幕下2枚目の番付で全勝優勝を果たしました。北青鵬はこれで序ノ口、序二段、三段目、幕下全てで優勝してるのですから凄いの一言です。来場所は新十両への昇進が確実な北青鵬。今年中に十両優勝も成し遂げると思える程、今後が楽しみでたまらない力士ですね。

※参照:白鵬の所属部屋と親方の変遷、宮城野親方との関係について

しかし、幕下昇進後の21年初場所では部屋の横綱・白鵬が新型コロナに感染したため濃厚接触者と判断され全休。3月場所では初日から2連敗した事で連勝記録は途切れてしまいました。しかし、その後も順調に勝ち星をあげており、21年度への十両昇進は手の届く範囲にあると言ってもよい状態です。

北青鵬といえば、身長2メートルと大きい体格も特徴です。このため、序ノ口優勝後のインタビューでは、左の上手を取って右指して右四つで前に出れるような相撲を取りたいと答えていました。

また、部屋の兄弟子である炎鵬、石浦と稽古を行っていることをもインタビュー中にさらっと答え、相手をしてもらっているいる兄弟子に対しては「強いですね。勝つことはそんなにないです。」と控えめに答えていました。インタビューの最後では、「今後は一つ一つ徐々に番付を上げて、幕内で相撲を取れるように頑張りたいと思います。」と目標を掲げてました。

関取に昇進すると、取り組みはこれまでと比べて難しくなると思いますが、頑張ってもらいたいですね。

スポンサードリンク


北青鵬の出身中学、高校は石浦と同じ?!


上記で述べた通り、北青鵬は5歳で来日。
小学校卒業後には、横綱・白鵬の紹介で鳥取市に相撲留学をする事となります。

進学先は鳥取市立西中学校。この中学校は、1985年から相撲部の活動に力を入れている事で知られており、卒業生としては美ノ海、そして兄弟子でもある石浦がおられます。

中学卒業後は、県内の名門・鳥取城北高校に進学。この高校の相撲部は全国有数の強さを誇り、その指導者である石浦外喜義(いしうら ときよし)氏は同校の校長・理事長でもあり、また石浦関の父親としても知られています。卒業生としては、石浦の他に逸ノ城、照ノ富士らが知られています。

※参照:逸ノ城の四股名の意味は?出身地や結婚の可能性も気になる!
※参照:照ノ富士の出身地や両親について!付き人の駿馬とは?

鳥取城北高等学校時代の北青鵬は、1年次から全国大会に出場する程の強さを誇っていました。2年、3年ともに団体戦で高校総体を2年連続準優勝、3年次には個人戦で高校総体ベスト8といった、輝かしい実績を残されています。

北青鵬は6歳で白鵬に出会ってた?!


高校卒業後、北青鵬は「横綱・白鵬の内弟子」という形で宮城野部屋へ入門します。
石浦や炎鵬と同様、「白鵬の内弟子」という形で、宮城野部屋に所属する形となっています。白鵬が引退後、自身で部屋を持つ場合、内弟子である彼らは白鵬の部屋へ移籍する予定となっています。

この2人の関係は、北青鵬が6歳の頃に遡ります。出会ったのはなんと、韓国の空港。モンゴルへ一時的に帰国する差の出来事で、これを機に北青鵬は相撲を始めたみたいです。

北青鵬本人は序ノ口優勝後のインタビューで「当時、5歳で北海道に住んでたんですけど、その時に札幌巡業で横綱白鵬さんが来られて、でお会いして「相撲してないのか?」「してないです。」といったら、「やってみないか?」ていう風に言われて地元の少年団に入りました。」と答えています。

スポンサードリンク


この記事のまとめ


北青鵬がどんな力士なのかを、出身中学や高校、白鵬との関係も交えご紹介しました。
まとめると、以下のようになります。

出生地はモンゴルだが出身は北海道。身長200cm体重158㎏という恵まれた体格の持ち主。
出身中学は鳥取市立西中学校、高校は鳥取城北高校。兄弟子・石浦と同様である。
「白鵬の内弟子」という形で宮城野部屋に所属。6歳の時に白鵬に出会っている。

成績も白星を順調積み重ねており、21年度中の関取昇進が間違いないと思われる北青鵬。この勢いがどのまで続くか、一相撲ファンとして、その過程を見守っていきたいと思います。

※追記:2021年7月17日
21年の7月場所で、北青鵬は幕下優勝を果たし新十両を確実にしています。これで北青鵬は序ノ口、序二段、三段目、幕下全てで優勝した事になり、これは史上5人目の快挙だそうです。同様の記録を持つ力士には元大関・栃東の玉ノ井親方がいて、親方は十両や幕内でも最高優勝を果たしています。北青鵬も負けずに、十両優勝を果たしてくれるんじゃないかなと、個人的には期待しちゃいますね。

関連記事(一部広告含む)

コメントを残す

サブコンテンツ
>
>
>

このページの先頭へ