隠岐の海の大関昇進の可能性は?部屋や女性ファンが多い理由も解説

s_スクリーンショット 2015-08-11 2.18.34



ここ数年、若貴ブーム以来の
大相撲人気となっています。


このブーム再到来の理由は、
イケメンであり、かつ、実力も伴った力士たちの
登場にあるのではないでしょうか。


そのイケメン&実力派力士の代表格が
この記事で紹介する隠岐の海関です。



この記事では、


・隠岐の海関は大関に昇進するだけの実力があるのか
・隠岐の海関が所属する部屋について
・隠岐の海関に女性ファンが多い理由について


この3つについて解説しています。
スポンサードリンク

隠岐の海関には大関昇進するだけの実力はあるのか


隠岐の海関と言えば、女性ファンも多く、
大関昇進への可能性も期待されていますが、
実際の所、その見込みはあるのでしょうか。


大関へ昇進するための基準ですが、
直近の3場所で33勝を挙げる事が
一つの目安とされています。


肝心の隠岐の海関の成績ですが、
直近の2016年7月場所の成績は
東前頭2枚目で8勝7敗でした。


それ以前の場所の成績は、


・春場所:8勝7敗(東前頭2枚目)
・夏場所:6勝9敗(西小結)



となっており、ここ3場所の通算白星数は
22勝ということになっています。



この数字から見ると、
大関昇進の基準となる33勝には
ほど遠い
結果となっています。


また、2014年の隠岐の海関の成績ですが、
幕内中位では10勝以上も珍しくない一方で、
幕内上位では辛うじて勝ち越しになり、
小結や関脇に昇進すると負け越しになるケースが多いようです。



まずは、前頭上位でも10勝以上の勝ち星を上げ、
三役の地位を維持することが、大関昇進を目指す過程における
当面の目標となるのではないでしょうか。


この目標がクリアされたならば、
大関昇進も自ずと視界に
入ってくるものと思われます。


2016年の9月場所では、初日から横綱、大関陣に
立て続けに勝利している事からも、隠岐の海関は十分
大関に昇進できるだけの実力があると思います。

今後の奮起を見守っていきたいですね(^^)

スポンサードリンク


隠岐の海関が所属する八角部屋について


次に、隠岐の海関の所属する
八角部屋についてのご紹介です。


八角部屋は高砂一門の相撲部屋で、
1992年5月場所で引退した
九重部屋所属の元横綱北勝海の8代八角親方が、
1993年10月に内弟子4人をつれて、
分家独立して創設した部屋です。


八角親方はこれまでに、
9人の関取を育て上げており、
その中の一人が、隠岐の海関です。


その他、同部屋の力士には、
元関脇北勝力、元小結海鵬などがいます。



八角親方は、大横綱と言われる
元横綱千代の富士の胸を借りた猛稽古によって、
横綱までのぼりつめたと言われる力士です。


現役時代の稽古量といったら
半端なものではなかったようです。


そんな親方から見ると、
隠岐の海関の稽古量は少ないと捉えられ、
どうやら親方から見た隠岐の海関は
「稽古をしない力士」という事になっているとか。

隠岐の海関自身も、
稽古嫌いは自認なさっているようですが…

スポンサードリンク


女性ファンの多い隠岐の海関、その理由は?


イケメン力士として知られる隠岐の海関には
女性ファンが多いと言われています。


しかし、その他に女性ファンが多い
理由というものがあるのでしょうか?


かつてテレビ番組内で、
大相撲に詳しいデーモン小暮閣下、
そして、現在相撲解説者としてお馴染みの
北の富士さんと舞の海さんの2人からも、
「期待の若手力士」として紹介されています。


また、この二人からは、
顔つきに色気がある」とか
華がある」とまで評されています。


そのあたりの好評価も、
隠岐の海関の人柄や実力を実証づける結果となり
女性ファンからの人気度を
より高めているのではないでしょうか。


また、隠岐の海関の高校時代のエピソードからは、
非常に努力家という一面を
有している事も知られています。


隠岐の海関のこのような面も、
人気の原動力になっていると想像されます。


まとめ:隠岐の海関について


人気抜群の「隠岐の海関」は、
ここでご紹介するまでもなく、
誰もが認める若手のホープです。


なお、隠岐の海関は2014年10月に
ご結婚なさいましたが、その際、
「自分も奮起して新たな隠岐の海をみせたい」
といった発言されたとのこと。
隠岐の海関の結婚に関する記事は↓⇩から)

隠岐の海関の結婚相手の妻はどんな人?


結婚をきっかけに更なる飛躍を遂げ、
相撲道に精進されることと思います。


大いなる期待を持って、
隠岐の海関の今後を見守りたいものですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ