相撲人気が回復した理由とは?海外および若者からの人気も検証!

貼り付けた画像_2016_03_15_16_24


ここ数年、相撲人気が高まっています。


会場には連日「満員御礼」の垂れ幕がさがり、
書店にも相撲関連の本がたくさん並んでいます。


しかし数年前には、
野球賭博や八百長疑惑騒動が起こり、
テレビ中継も中止という、
風前の灯火のような状態でした。


一体どのようにして
相撲の人気は回復したのでしょう。


この記事では、
相撲の人気が回復した理由について考察してみたり、
あるいは海外および若者からの相撲人気について
解説したいと思います!
スポンサードリンク

相撲の人気はなぜ回復したの?その原因に迫る!


相撲人気が回復のカギとしてまず挙げられるのは、
話題になる力士が増えてきた事が挙げられます。


少し前から相撲人気を盛り上げた遠藤関や逸ノ城関は
今では少し調子が悪いものの、
この2人が現在の相撲人気に火をつけた要素は
決して少なくはないと思います。


他にも、
イケメン力士として知られる隠岐の海関や関の人気、
ベテランながら優勝に次ぐ活躍をしている嘉風関の奮闘、
そして何より、2016年初場所にて10年ぶりとなる
日本出身力士として10年ぶりの優勝を飾った琴奨菊関など、
話題になる力士の数は少しずつ増えている気がします。


また、こうした力士たちが当事者となって、
今まで相撲界では敬遠されがちだった
ファンサービスを積極的に行うなど、
親しみやすい相撲」を作り出していったのが
人気回復の大きな理由と言えるでしょう。



そしてその裏には、相撲協会の営業努力がありました。


会場には、以前にはなかった
たこ焼きやおでん、ピザなどの売店が次々と並び、
野球場のようなビールの売り子も登場しました。


また、横綱に赤ちゃんを抱っこしてもらえるという
「特典付きチケット」が販売されるなど、
新企画も続々と投入されています。


他にも、Twitter、Facebook、LINEといった
ソーシャルメディアにおいても
相撲に関する情報が発信されるようになりました。


こうした事を知ると、なんだかワクワクしますね。


相撲を見に行きたい!
このように思う人が増えるのもわかる気がします。

スポンサードリンク


海外からの相撲人気ってぶっちゃけどうなの?


さて、このように日本での
人気回復がめざましい相撲ですが、
海外からの人気はどうなのでしょうか。


これが、大変な人気なのです。


例えば、外国人用の券売機では、
毎場所3千枚前後のチケットが売れているそうです。


旅行会社の相撲ツアーはあっという間に完売し、
一部ではチケット争奪戦が起こっているとか。


海外の自動車メーカーがCMに力士を起用している事例もあり、
海外、外国人の相撲に対する関心は、
今まで以上に高まっていると言えるでしょう。



こうした相撲の海外人気の要因として挙げられるのが、
外国人力士の活躍である
事は言うまでもありません。


外国人力士の数は年々増え続けており、
その国籍もモンゴルやアメリカだけではなく、
ブラジルや中国、フィリピン、ジョージアやロシアなど
アジアや南米、ヨーロッパにまで広がっています。


・ブラジル:魁聖
・中国:蒼国来
・フィリピン:高安、御嶽海(共にハーフ)
・ジョージア:栃ノ心臥牙丸
・ロシア:阿夢露


ここで挙げた力士は、勿論ほんの一例に過ぎません。



他にも、2013年に引退した元幕内・高見盛の断髪式には
多くの外国人が感動のコメントを寄せた事でも話題になりました。





こうしたYouTube動画は世界中どこでも見られるので、
ふと目にした外国人が相撲に魅了されて行くというケースは
これから更に増えるのではないでしょうか。


日本人として、とても嬉しいですね。


若者からの相撲人気はどんな感じなの?


では、若者の相撲人気はどうでしょう。


こちらも、なかなかのようです。


相撲の若者人気の高さの原因として挙げられるのは、
前述したTwitterやLINE、YouTubeといった
ソーシャルメディアの力によるところが大きいでしょう。


相撲のスマホアプリが開発されたり、
YouTubeなどの動画サイトで生中継があったりと、
今まで、何となく敷居が高いと感じていた相撲に、
若い人が興味を持ちやすくなった環境になったと言えそうです。


相撲は日本の国技ですから、
やはり若い人たちにもファンが増えて欲しいですね。



その一方で、明日の角界を支える新弟子数については、
2016年3月の受験者数は46人と、
昨年より3人増加したようです。


もっとも、一昨年の受験者数は今年と同じ46人であり、
若者の相撲人気が高まっているとは言え、
それが競技人口の増加に繋がっているかと言うと、
こちらについては課題が残ると言わざるを得ないでしょう。


若い相撲ファンが増えるのと同時に、
角界の門を高く若者の数も増えていって欲しいですね。

スポンサードリンク


この記事のまとめ


相撲人気回復の理由として挙げられる原因としては、
若手力士の台頭や個性溢れる力士の活躍が挙げられます。


また、力士によるファンサービスや会場の飲食店の充実、
特典付きのチケット販売、SNSでのPR活動などによって、
相撲がとても親しみやすいものに変化した事も見逃せません。


相撲は海外でも大変人気で、
ツアーは完売、チケットも大量に売れています。


また、若者からの相撲人気も盛り返しているものの、
力士を志す新弟子数の増加については
課題がまだ残る状況のようです。


とは言え、2016年初場所の琴奨菊の優勝など、
相撲に関する話題は明るいものが増えており、
その人気も、単に回復するどころか
非常に盛り上がっていると言えるでしょう。


このまま、相撲人気が続いていってくれればいいですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ