相撲の妙義龍の高校や大学について!彼女や四股名の意味、由来は?

s_スクリーンショット 2015-05-06 14.02.30


こんにちは。好角家Mです。


ここ3場所全てで
勝ち越しを決めている妙義龍関。

4場所ぶりの関脇となる今場所は、
今後の大関昇進を占う上でも
重要な場所となりそうですね。


ここでは、そんな妙義龍関の
大学や彼女について調べてみました。


また、しこ名「妙義龍」の意味や
由来も気になる所ですが…

スポンサードリンク

妙義龍関は1986年生まれの現在28歳。

兵庫県出身、境川部屋所属の力士です。


小学生の頃から近所の相撲教室に通っていて、
中学生時代では兵庫県大会で2位の成績。


相撲に打ち込む中学時代を送る一方で、
陸上部にも籍を置いて円盤投げや砲丸投げにも
同時に取り組まれていたのだとか。


相撲の妙義龍の高校や大学はどこ?豪栄道との関係は?


その後、出身高校である
埼玉栄高等学校の相撲部の監督に出会い
同校の相撲部に入部することになります。


この埼玉栄高等学校ですが、
部活動が盛んな事で有名な学校で、
相撲部を含めた多くの部活が
全国大会への出場を誇る
実績があるんですよね。


この埼玉栄高校時代の同級生には
大関、豪栄道がいます。


ちなみに豪栄道関の所属部屋は
妙義龍関と同じ境川部屋。


この2人は高校時代から有名で、
2004年の高校総体の個人戦では、
豪栄道が優勝、そして妙義龍が準優勝という
栄えある栄誉を手にした実績があります。


・参考:豪栄道の出身中学、高校について!実家の父親、母親、姉はどんな人?



そんな妙義龍関ですが、
埼玉栄高等学校を卒業後、
大学に進学されています。


進学したのは日本体育大学。


4年生の時には国体の個人の部で優勝し、
幕下付出しの資格を獲得されています。


ちなみに、この日本体育大学の出身力士は
東前頭14枚目の嘉風関や、
十両の千代大龍関がいますね。



その後、かつての同級生の豪栄道関がいる
境川部屋に入門します。


初土俵は2009年の5月場所でした。



2010年の初場所には十両に昇進してるのですが、
何と3日目から重傷を負って休場。


傷はよっぽど重かったようで、
7月場所まで連続して休場されています。



その結果、番付は三段目まで降格するのですが
国体優勝者の底力もあってか勝ち続け、
2011年の十両での二場所連続もあって
同年の九州場所では新入幕入り。


一方、この時期の豪栄道関は
前頭筆頭の地位にいて、
より上の地位を目指す段階でした。

スポンサードリンク


妙義龍関のこの勢いの裏には、
かつての同級生、そして同じ部屋で活躍する
豪栄道関の存在があったのかもしれません。


豪栄道関は現在、
既に大関に登り詰めてますが、
妙義龍関もまだまだ大関昇進の可能性は
十分あると思うので、これからの活躍に
大いに期待したいところですよね。


妙義龍は結婚してる?彼女はいるの?


そんな妙義龍関ですが、
結婚はされているのでしょうか。

調べてみた所、少なくとも現在では
結婚はされてないみたいですね。


では、お付き合いしている
彼女さんの存在はと言うと、
確かな情報はないみたいです。


一応、2ちゃんねるのスレでは、


361 :待った名無しさん:2013/11/28(木) 21:12:44.06 O
普通に彼女おるし(笑)
引用:【色気ムンムン】妙義龍☆泰成スレPart.6【ハスキーボイス】



このような書き込みが。

少なくとも2013年の末には
彼女さんはいたのかもしれません。


妙義龍関は現在28歳。

結婚に関する報道がいつ流れても
おかしくはない気はしますけどね。


四股名「妙義龍」の意味や由来は?


そんな妙義龍関ですが、
四股名である「妙義龍」の意味が
ネットで物議を醸してるようです。

一体どういうことなのでしょうか。


妙義龍関は2010年の初場所に
十両昇進を決めた際に、
四股名を「宮本」から
「妙義龍」に改めています。


その由来は、

妙=きわめて巧みなこと
技=わざ


この2文字なのだとか。


この「妙技」の字を少し変えて、
現在の「妙義龍」という四股名に
なったと言われています。

「いろいろな技が出せるように」

このような意味を込めて、
母校の恩師らと相談して
決めたのだとか。

スポンサードリンク


しかし、
この「妙義龍」という四股名ですが
一部ではかなり非難されてるそうです。


その理由とは何なのか。


群馬県にある「妙義山」が
この四股名に対する批判の
原因みたいですね。


妙義龍関の出身は兵庫県。


一方、妙義山があるのは群馬県。


妙義龍関は、群馬県とは
特に縁やゆかりもないにも関わらず
この「妙義山」の一部を使ってることが
地元の方には許せない事だそうです。



そもそも、大相撲や力士と
その出身地の間には
非常に強い関係があるんですよね。


番付を見ると、力士の名前の横には
必ず出身県の記載がありますが、
この記載は、力士とその出身県の関係が
非常に密接である事を表しています。

スクリーンショット 2015-05-06 14.08.07


こんな感じですね。


これは外国人力士でも例外ではありません。

例えば逸ノ城関の場合だと、
最後の「城」は、相撲留学先である
鳥取城北高校の「城」が
もとの由来となっています。

力士の四股名の意味には、
本名や出身県、出身高校などが
現れていることが多いんですよね。


ただ現在では、
出身県に関係がない四股名も
増加している傾向にあるそうです。

この「妙義龍」もそのうちの一つ。


ただ、この件については、
妙義龍関は「妙義山」の存在を
指摘されるまで気付かなかったのだとか。

「妙義龍」という四股名の意味には、
相撲の伝統に触れかねない由来が
あった事になるんですよね。


最も、一度付けた四股名の変更は
簡単ではないでしょう。


今後、結果を出し続ける事によって
出身県の兵庫ではなく、群馬県の人々にも
愛される力士になって欲しいと思うばかりです。


まとめ:妙義龍関について


妙義龍関の出身高校は埼玉栄高校で、
大学は日本体育大学です。


豪栄道関は高校時代の同級生であり、
現在は同じ境川部屋に所属しています。


結婚に関しては現時点では未婚。
彼女については、2013年末では
いるとの噂もあるみたいです。


また、四股名の「妙義龍」は
「色々な技が出せるように」
という意味があるのですが、


群馬県にある「妙義山」との混同も、
一部では指摘されているそうです。


記事をお読みいただき
ありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ