貴景勝ってどんな力士?父や貴乃花親方との関係も解説!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-12-26_10_27_03


ここ最近、若手の日本人力士の活躍が目立ちますね。今回はそんな中でも、「平成の大横綱」と呼ばれた貴乃花親方の愛弟子、貴景勝関(たかけいしょう)についてご紹介します。佐藤貴信という本名で馴染みのある方も多いと思いますが、一体どのような力士なのでしょうか。お父さんや貴乃花親方との関係についてもご紹介します。
スポンサードリンク

貴景勝ってどんな力士?


まずは貴景勝(たかけいしょう)関がどんな力士なのか、簡単にご紹介します。

貴景勝関は1996年産まれの20歳。所属は貴乃花部屋で、2017年1月場所に新入幕入りを果たした将来有望な若手力士の1人です。中学時代には中学生相撲選手権に優勝して中学生横綱のタイトルを獲得。埼玉栄高校時代では全日本ジュニア相撲選手権の無差別級で2連覇を達成するなど、数多くの戦歴を残しています。

高校在学中から、少年時代からファンだった貴乃花親方が師匠を努める貴乃花部屋に入門。順調に番付を伸ばし、入門から1年足らずの2015年5月場所で幕下昇進、その1年後の16年5月場所では十両へ昇進。そして2017年1月場所には新入幕入りを果たしており、今後の活躍に期待がかかる日本人力士の1人です。

ちなみに、貴景勝関の出身地は兵庫県芦屋市で、兵庫県出身力士は北磻磨関に続く戦後24人目とのこと。昇進を機に四股名を本名の「佐藤貴信」から「貴景勝光信」へと改めています。また仁川学院小学校時代にはお父さんについて極真空手を習っていた時期もありました。

スポンサードリンク


貴景勝の父親はどんな人?


それでは、貴景勝関のお父さんはどのような方だったのでしょうか。

貴景勝関のお父さん、一哉さんは空手の指導者でした。貴景勝関も小学3年の時までは空手を習っていて、食事の時も練習の時も常に一緒に過ごされていたようです。とても仲が良い親子だったのでしょうね。

ちなみに貴景勝関の本名、貴信の名前の名付け親は一哉さんだそうです、「男に産まれたからには天下を取れ!」という事で、戦国武将として有名な織田信長、そして後に師匠となる貴乃花親方からそれぞれ1字を貰ったのだとか。一哉さんは貴乃花親方のファンでもあり、貴景勝関がまだ幼い時期から現役時代の貴乃花親方の取り組みを一緒に見ていたそうです。

空手そして相撲と、親子間の共通の話題があるのは素晴らしいですよね。一哉さんと貴景勝関の親子の絆は、子供との関係について考える世の中のお父様方の理想の姿なんじゃないかな〜と思ってしまいます。

※参照:織田信長は大の相撲ファン?土俵を考案した説の真相とは!?


貴景勝と貴乃花親方の関係は?


最後に、貴景勝関と貴乃花親方の関係についても詳しくご紹介します。

貴景勝関がはじめて貴乃花親方に出会ったのは小学四年生の頃でした。この頃の佐藤家は、貴乃花親方の後援会に入会してるほどの筋金入りの貴乃花ファン。小学五年生の頃には『いい四股を踏んでるから絶対に強くなる』と言われて、角界入りの意志をより強くしたと言われています。

そして2014年9月場所、貴景勝関は高校在学中という状態で貴乃花部屋に入門します。高校生のうちに相撲部屋に入門するケースは珍しくはないのですが、9月場所の時点で入門するのは異例の速さでした。そして11月場所には番付に名前が載り、その場所で早くも序の口優勝。角界では珍しい事例に、貴乃花親方も驚いたのではないでしょうか。

そして2016年3月、貴景勝関は幕下での優勝を果たし、貴乃花親方が育てたはじめての日本人関取というキャッチコピーと共に十両昇進を果たします。ちなみにこの時、貴乃花親方は当時まだ「佐藤」という四股名だった貴景勝関に与える四股名は決めていたようですが、貴景勝関の実力を引き出すために幕内入りするまで取っておいたそうです。親方の期待の程が伺えますね。

そして2017年1月場所で、貴景勝関は新入幕入りを果たします。この時与えられた四股名「貴景勝」は、貴乃花親方が好きな戦国武将、上杉謙信(うえすぎけんしん)の後継者、上杉景勝(かげかつ)という武将の名前を由来とするものでした。「日本人の誇りや心意気の気持ちを持って欲しい」という願いが込められているようです。既に幕内力士として活躍している同部屋の貴ノ岩関と共に、貴景勝関も土俵で大いに活躍して欲しいですよね。

スポンサードリンク


この記事のまとめ


貴景勝関がどんな力士なのかを、お父さんや貴乃花親方との関係も踏まえてご紹介しました。

最近は日本人力士の活躍が増加している傾向にありますが、個人的にはこの貴景勝関にもっとも期待をしています。貴乃花親方と同じ横綱になる日も、そう遠くはないのでは?という気もしますね。そうなった時、貴乃花親方のファンだったお父さんがインタビューで何と言うのかも楽しみですね。

なお、以下の記事では貴景勝関を含む2017年度に注目したい力士を解説しているので、興味があれば一度ご覧になってみて下さいね。

※参照:2017年に注目したい大相撲の力士を5名選んでみた


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ