千代大海の昔の伝説や強さに迫る!千代の富士との関係は?

貼り付けた画像_2016_08_14_17_51


2016年7月の千代の富士の訃報に、多くの相撲ファンの方が驚いたかと思います。

その際、九重部屋に駆けつけたマスコミの対応をしたのが元大関、千代大海でした。

そうとう動揺していたはずなのに、落ち着いて対応していましたね。昔、やんちゃだったあの千代大海が、しっかり落ち着いた親方になったなぁと思った方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、千代大海の昔の伝説や強さを振り返ると共に、師匠だった千代の富士との関係についてもご紹介します。
スポンサードリンク

千代大海の昔の伝説とは。ただの不良少年ではなかった?


千代大海といえば、昔の不良だった頃の「伝説」とも言える武勇伝が数多く残っていますね。

中学時代に、2桁の高校生相手に一人で戦って勝ったとか、出身地の大分県の中でもトップクラスの力を持つ暴走族に入っていたとか、やくざと喧嘩したところ、相手のやくざに気に入られて、スカウトされたとか…その昔の伝説には枚挙に暇がありません。

また、柔道をはじめてから1年で全国大会に3位入賞を果たしたり、中3の時に極真空手の九州大会に年齢を隠して出場してこちらも3位になるなど、スポーツ面における「伝説」も多く残されているのも特徴です。

不良少年だった千代大海ですが、その一方で柔道や空手を習っていたため、礼儀や上下関係はとても忠実で、先生の言うことは素直に聞き、弱いものいじめは絶対にしない少年だったとも言われています。このため、相撲界に入っても長く続ける事が出来たのでしょうね。

そうそう。相撲界に入った理由も千代大海らしい理由です。中学卒業後、鳶職の仕事に付いたのですが、どうせなら「最も強い人の弟子になりない」と、名前だけ知っていた元千代の富士の部屋の門をたたいたと言われています。その時の元千代の富士(当時の九重親方)の反応や、その後の2人の関係は後で紹介しますね。

※参照:九重部屋とは。力士や所属する高砂一門について!


千代大海の昔の強さについて。引退時の名言とは?


ここでは、千代大海の昔の強さについて振り返ってみましょう。

千代大海は親方の説教を真剣に聞く力士で、メキメキと力士としての力や技を身に付け、初土俵から2年半で十両に昇進。まさにスピード出世の強さです。
しかし十両で怪我にも悩まされ、幕内入幕まで2年。それでも、幕内に入ると5場所で小結、6場所目で関脇と、どんどん番付を上げていき、関脇4場所目で「横綱若乃花」に勝利し、念願の幕内初優勝を果たすのです。

この幕内優勝が評価され、大関に昇進。
そこから、なんと65場所も大関を務めていたという経歴を持っています。

大関時代の千代大海と言えば、角番や怪我で休場で何度も苦しんだ印象をお持ちの方もいると思いますが、それでも65場所続けて大関を務めたというのは凄いですよね。

引退会見では、不良から相撲界に入った自分を振り返って以下の名言を残しています。

一つ目標を持てば、人生が変わることもある。若い人にそれを伝えたい

きっと、経験者本人の言葉は若い人の心にも響いた事でしょう。

スポンサードリンク


千代大海と千代の富士の関係について解説!


2016年の7月に名横綱、千代の富士がなくなって話題になりましたが、この千代の富士の弟子が千代大海にあたります。翌月には九重部屋を継ぐこともニュースになりましたね。

先ほど、不良だった時代に、強い人の弟子になりたいと九重部屋の門を叩いたエピソードを紹介しましたが、その時の千代大海は、そり込みを入れた金髪でした。
その姿を見た千代の富士は「その前にその頭を何とかしてこい!」と一喝したと言われています。

名横綱に叱責された千代大海ですが、素直にその言葉を受け入れ、頭を丸刈りにして、もう一度九重部屋の門を叩きます。入門を志願する千代大海に対して、千代の富士は、どうして相撲をしようと思ったのかを質問します。これに対して、「親孝行がしたいから」と答えた千代大海をみて、「この子はがんばれるなと思った」と入門を認めたことを、後のテレビ番組で語っていました。

それからは師匠と弟子の関係。喧嘩が大好きだった千代大海は、千代の富士の力の強さを心から尊敬し、師匠の教えを真面目に取り組みスピード出世を実現します。尊敬する師匠への想いも、現役時代の千代大海の強さを形作っていたのかもしれませんね。

スポンサードリンク


この記事のまとめ


ここでは千代大海の昔の伝説や強さをはじめ、千代の富士こと13代九重親方との関係についてご紹介しました。

弱いものいじめが嫌いで、上下関係に厳しく、師匠の教えを真面目に聞いた千代大海らしく、元横綱千代の富士から学んだ事も忠実に守りながら九重部屋の弟子達を育てる事でしょう。

ちなみに、「九重」の名跡を継ぐ前の千代大海は「佐ノ山」の年寄名跡の保持者でした。九重を継いだため、千代大海は「佐ノ山」を同じ部屋の現役力士である千代鳳に渡しています。その千代鳳については以下の記事で解説しているので、興味があればご覧になってみて下さいね。

※参照:千代鳳ってどんな力士?兄弟や出身地についても解説!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ